レンギョウの黄色い花


春の到来を告げるレンギョウの黄色い花が咲き始めました。
緑の葉になるころには春が終り。
観賞用として人々に親しまれています。
もんこの家にもまだまだ小さいけれど花がいっぱいついてます。
画像


「神農本草経」に収録

「連翹」レンギョウ
果実を乾燥させたもので、利尿作用や消炎作用、解毒作用
、排膿作用、抗菌作用などの効能をもつ生薬とされています。
にきびやふきでものなどの化膿性皮膚疾患に効果があるとも。

漢方では心・肝・胆に作用し、咽痛・皮膚発疹・化膿など
消炎・利尿・解毒・・・を目的に。

味は,苦味があり。

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウ湯)
 皮膚の色が浅黒く、痩せ型の人、顔、鼻、扁桃、のど、
 肺などに発する慢性の炎症に適応。
 慢性鼻炎、にきび、神経衰弱、皮膚病など体質改善に。

防風通聖散(ボウフウツウショウ散)
 肥満や便秘などへの予防が期待される名薬
 肥満体で、動悸、肩こり、のぼせなどの高血圧、またはむくみ
 、便秘など肥満による体質改善に適用。
 『メタボリックシンドローム』にヒット
         
         ・・・など他に約10処方に配合されます。


この記事へのコメント